メンタル疾患おすすめ映画

鬱病目線の「ツレがうつになりまして」、あとでの意味【ネタバレ有】

ツレがうつになりまして。映画を観たネタバレ感想
うつ二郎
うつ二郎
うつ病の現実を描いた映画♪
うつ男
うつ男
この映画が病気の理解を広めてくれたね♫

精神疾患を題材にした映画は意外と多くありますが、その中でも日本で有名なのは「ツレがうつになりまして。」ではないでしょうか?

本が原作ですが、後にテレビドラマ化もされ大ヒットとなった作品です。

また、ネットの検索窓にこの映画のタイトルを打ち込み、スペースを空けると「あとで」「あとでの意味」と言うワードが出現します。

この謎ワードの秘密とは?

今回はうつ病(鬱病)経験者の僕が観たこの作品のあらすじ、そして気になる「あとでの意味」の解明、その後は結末まで映画を観た感想(ネタバレ有り)を書いてみたいと思います。

 

映画「ツレがうつになりまして(ツレうつ)」とは?

映画「ツレがうつになりまして」の原作は、漫画家「細川貂々(ほそかわ てんてん)氏」が書いた大ヒット作であり、自伝的コミックエッセイの映画化作品で、略して「ツレうつ」とも呼ばれています。

 

映画「ツレうつ」のあらすじ

 

「ツレがうつになりまして」あらすじ

【主な登場人物】
ハルさん(宮崎あおい)
→売れない漫画家でマイペースな性格

ツレ(堺雅人)
→生真面目なサラリーマンでありハルさんの夫

【あらすじ】
結婚5年目の平和な夫婦に訪れた危機、それは「ツレ」がうつ病(鬱病)になった事。

仕事をバリバリこなすサラリーマンの夫、通称ツレ(堺雅人)が、ある日突然、心因性うつ病だと診断される。結婚5年目でありながら、ツレの変化にまったく気付かなかった妻・晴子(宮崎あおい)は、妻としての自分を反省する一方、うつ病の原因が会社にあったことからツレに退職を迫る。会社を辞めたツレは徐々に体調を回復させていくが……。

YAHOO!JAPAN映画「ツレがうつになりまして。」あらすじ より引用

 

ツレうつ「あとでの意味」→結末の講演会スピーチ

さて、冒頭で伝えた、検索ワードに出てくる「あとで」の意味とは?

それは物語の結末で、主人公の一人ツレが行った講演会でのスピーチ内容に答えがありました。

以下、ツレが講演会で「うつ病を乗り切る為の秘訣」を話した内容。

 

「うつ病は本当につらい病気です。僕はそれを乗り切る為の秘訣として”あとで“と言うモットーを考えました。」

語呂合わせで「あ・と・で」です。

うつ病を乗り切る為の秘訣

あ→焦らない、焦らせない

と→特別扱いをしない

で→「できる事」と「できない事」を見分けよう

 

あとでの意味

「あとでの意味」を自分なりの解釈ですが、実際にうつ病を経験した僕が解説をします。

あ→焦らない、焦らせない

うつ病の典型的な症状に「焦燥感(焦り)」というモノがあります。

ただでさえ、常に何かに焦るうつ病患者の気持ちをさらに追い込む様な言動はNGなんです。

それが原因でゆっくり休養する事が出来ず病気の悪化に繋がる事も多いので「焦らない、焦らせない」が重要と言う事だと思います。

と→特別扱いをしない

「うつ病だから・・」と言って特別扱いをされ過ぎると、逆に本人は甘えすぎてしまったり、傷ついてしまう事があります。

例えば、自分で出来る事を過保護に「私が変わりにやるよ!」と言われると、自分が何の役にも立たないダメ人間になってしまった気がしてしまいます。

だからと言って、乱雑に扱われても傷つくんですけどね(汗)・・本当にややこしい病気です。

なので、接し方は「優しく」、扱い方は次の「で」が重要だと思います。

で→「できる事」と「できない事」を見分けよう

「できる事」と「できない事」を見分ける、うつ病患者にとっても支える側の人達にとってもコレは結構重要なんじゃないかと思います。

殆どのうつ病はハードな仕事は難しいと思いますが、症状が軽度なら、意外と簡単な掃除くらいならできる事もあったりします。

しかし、それもその日の体調によりけり。

基本的に真面目な人が多いので、本人が「できる」と感じたら、きっと自分から動くと思います。

前述した「焦らない、焦らせない」の事もあるので、支える側の人達のスタンスとしては、可能なら本人が自ら動くまで見守っていて欲しいですね。

 

・・・以上が、「あとで」の意味だと思います。

 

「ツレうつ」をうつ病(鬱病)が観た感想【ネタバレ有り】

ここからは映画の感想(ネタバレ有り)です。

結論から言うと、「うつ病」と「治療・療養対策」も学べる良い映画でした。

ただ、最後に言いますが精神疾患と闘病中の人は、結末に少し嫉妬するかも・・(^_^;)

誤解をしないで欲しいのですが、映画自体は本当によくできているんですよ。

しかし、これは映画がどうこうの問題では無く、観る人の症状によると思います。

あらためて思った事は「うつ病(鬱病)は誰にでもなる可能性がある精神疾患」で、「真面目な人がなりやすい病気」と言う事。

そして最も大切なのは「例えうつ病になったとしても、ゆっくりと自分のペースで療養していけば、いつか時間が解決してくれる」と言う事です。

下記に映画の内容を、僕の感想を交えながら綴っていますので良かったらご覧下さい。

 

映画冒頭のシーン

「ツレがうつになりまして」の冒頭ではツレが弁当を自分で作り、ペットのイグアナに餌をあげ、ハルさん(妻)がまだ寝ている朝早い時間にゴミ出し用のゴミ袋を持って出勤する真面目な姿が描かれています。

妻が起きても「寝てて良かったのに。」と気遣う優しさも垣間見えます。

その後のシーンは、なんだか心に来ました。

ゴミ置き場の前に立ち尽くしたツレが映され「コレっていらないモノなんだよね。。。」とつぶやきます。

うつ病経験者ならわかると思うんですけど、自分がまるでゴミになったかの様に社会にとって無価値だったり、不要な存在に思えてくるんです。

この時のツレの心身には初期症状が起こっていますが、本人は恐らく気付いておらず、病気もまだ発覚していません。

しかし、きっと「何故か仕事に行きたくない」「何故か憂鬱な気持ちになる」と謎の不安に葛藤してた様に思います。

 

ツレのストレス

その後、満員電車で通勤し、会社では上司に怒られ、顧客からも怒られる毎日。

お客さんからのクレーム電話に対応中、ツレが名前の漢字を間違えられた事を指摘する場面や、その後同僚が顧客の悪口を言った時「お客様の悪口は言わない!」と言ったシーンは彼の真面目さを描いています。

電話対応、僕も苦手だったな~。

そして、食欲が無くてお昼の弁当は同僚にあげる、自宅に帰っても夕飯は食べず「身体が怠い」と言い始める・・うつ病の典型的症状ですね。

 

遂に死にたくなり、病院へ

次の日、朝の弁当は作る事ができなくなり、頭痛にも悩まされ、遂には「何もできない」「死にたい」と言い始めます。

仕事を休み病院へ行くと「うつ病(鬱病)」を診断される。

通常は初診だと「うつ状態」や「適応障害」と告げられる事が多いですが、そこは映画と言う事で。。。

とにもかくにも、ツレはうつ病の症状や存在を知る事になります。

医者は「個人差はありますが順調に治療が進んでも、元の状態に戻るまで半年から一年半はかかります」とツレに伝える。

・・・確かに”最低でも”そのくらいの期間は必要だと思いますね。

 

ツレが妻のハルさんに病気を伝えると、ハルさんは「うつ病」がイマイチピンと来ない様子。

そうそう、一般的な健常者の反応はこんな感じだと思う。

ツレはそれでも仕事を続ける事にする。

 

仕事を続けながらの治療生活

その後、ツレは仕事を続けながら治療を開始する事になりますが、それは職場のストレスに耐え続け、妻に病気を理解されない苦しい生活でした。

ハルさんが懸命に作った食事も食欲が無い為食べられず怒らせてしまったり、背中に謎の痛みが走っても「治す気が無いから治らないんだよ」と心無い言葉を浴びせられたり、毎晩のいびきを迷惑がられて離れて寝るように責められたり、夜の営みを迫られても答えられなかったり、うつ病を経験したなら「わかるわかる!」と言いたくなる様なシーンのオンパレードです。

 

うつ二郎
うつ二郎
やっぱ経験していないと、理解は難しいよね。。。
うつ男
うつ男
・・・と言うか、完璧な理解は無理だと思ってる(泣)。だから健常者の人が歩み寄ってくれるだけでも有難いんだよな。。。

 

うつ病の辛さを理解し始める妻「ハルさん」

しかし、ハルさんが実家(散髪屋)の父と母にツレがうつ病になった事を告げると、うつ病を知っている様子の両親が「のんびりさせてあげなよ」と優しいアドバイス。

その後、後述しますがハルさんのツレに対する接し方に少しずつ変化していく事になります。

ある日、ツレが遂に自分がうつ病である事を職場の上司に告げる。

・・・すると上司の返事は・・・

「こんなに忙しいと、みんな鬱病みたいなモンだよ。」

続けざまに「泣き言を言ってないでリストラされた奴らの分も頑張ってくれよ!」

・・・ツレの気持ちはどんどん追い込まれていきます。

 

うつ男
うつ男
・・・ムカッ(-“-)
うつ二郎
うつ二郎
・・・ムカッ(-“-)

 

一方その頃、妻のハルさんは常連である近所の骨とう品販売店に置いてあった、一つの安いガラス瓶(ビン)に心を惹かれ、購入する。

「いつも安い買い物ですいません。」

申し訳なさそうにそう言うと、店の主人はこんな事を言いました。

「そんな事ないよ。若い人が古いモノに興味を持ってくれて嬉しいんだよ」

「その瓶もたかがガラス瓶だが、割れなかったから今ここにある。」

割れなかったから、価値がある。

決断

ツレが仕事に疲れて帰ったある日、憔悴しきったツレを見て、ハルさんが言います。

ハルさん「会社辞めちゃえば?」

ツレ「そんな事できないよ・・」

ハルさん「どうして?会社が病気治してくれるの?こんな風になった原因は会社にあるんだよ?」

ツレ「・・だけど、今辞めたらみんな困るよ・・」

ハルさん「ツレ、割れないである事に価値があるんだよ?・・・会社辞めないなら離婚する。

「割れないで、ツレ」

 

・・・ここはハルさんの思いやりに、思わず泣けてしまう部分ですね。。。

 

ツレの退職が決まる

ハルさんの言葉を受け、ツレは正社員として働いていた職場で上司に「アルバイトとして働きたい」と要望を告げます。

それを聞いた上司は「そんな事はできない」と拒否。

「それなら仕方ない」とばかりに、ツレは準備していた辞表を上司に手渡すが、嫌がらせの様に「君は平社員だから退職届けだよ」と退けられる。

ツレは真面目に退職届を作り直し、その後、これまた嫌がらせの様に「引継ぎしてから辞めてね」としばらく働かされるが、なんとか退職日が決まる。

 

うつ男
うつ男
ブラックな上司だな(怒)
うつ二郎
うつ二郎
そりゃ、こんな会社じゃうつ病にもなるわ(怒)

 

ツレの変化

薬が効いてきた事や、もう少しで仕事のストレスから解放される事もあり、調子が良くなる。

病院へ行った時気分が良い事を伝えると医師は「それは良かった!でも油断はしないで下さい。うつ病は振り子が揺れるように良くなったり悪くなったりを繰り返して少しづつ快復していくのです。焦らずにゆっくりと快復していきましょう」

その晩、医師のアドバイスから日記をつけていると、また調子が下がっている自分に気付くツレ。

「こんな事なら、気分なんか良くならなきゃよかった。。。」

ツレのうつ病は一進一退を繰り返します。

そうなんです。

今日調子が良くても、明日どん底状態がありえるのがうつ病なんですよね。

 

ツレの退職日

ついにやってきた退職日当日は、心配なハルさんが出勤は付き添う事に。

そこで乗った満員電車内。

ハルさん「よくこんなのにずっと耐えてたね。もう明日から乗らなくていいんだよ。・・・今までありがとう」

その言葉に感極まったのか、ツレは電車内で号泣してしまう。

 

うつ二郎
うつ二郎
本当に真面目に頑張ってたんだね・・(泣)
うつ男
うつ男
うつ病は涙も出やすくなるから、それもあるんだろうしね。。。(泣)

 

仕事は最終日もいつも通りにこなし、会社の同僚や上司に挨拶をかわし、ツレは無事に会社を辞める。

 

無職での療養生活と、散髪屋のお客さん

ここからツレの無職での療養生活がはじまります。

しかし、夜は眠れない(不眠)し、真面目な性格からゆっくり休む事ができない日々がしばらく続きます。

うつ男
うつ男
うつ病になる人は休み方を知らない人が多いんだよな・・。
うつ二郎
うつ二郎
確かにダラダラできない不器用さはあるよね(悲)

一方その頃、実家の散髪屋ではうつ病だったと聞いていた近所のお客さんが元気そうにハルさんの両親に話しかける。

ハルさんの母親「あの子、元気になって良かったね!」

 

病気に無理解な家族

ある日、ツレの兄が弟の様子を見にやってくる。

「会社辞めたって聞いて心配したけど思ったより元気そうじゃねーか!」

「コイツちっちゃい頃から細かい事気にするタチでさ、だからうつ病なんかになっちまうんだよ!!」

「はるこさん(ハルさん)の為にも頑張って早く治さないとな!・・・っな!!(威圧)」

「男ってのは一家の大黒柱なんだから、どんなに辛くても家族の為だ!と思えば頑張れるモンなんだよ。」

 

うつ二郎
うつ二郎
NGワードの嵐ですな(呆)
うつ男
うつ男
うつ病には大ダメージだけど、正直よくある(呆)

 

案の定、兄が返ってからツレは「どう頑張れば良いかわからないんだよ・・」と泣き崩れる。

それを見たハルさん、

「静かに見守って欲しいのに、どうして土足で踏み込むのかな」

・・・ハルさん、メッチャ良い奥さん♪

 

症状の変化と散髪屋の客の訃報

眠れなかったツレは一転して、朝昼晩、よく眠る(過眠)様になります。

しかし、残酷な現実もあり、ハルさんは売れない漫画家、ツレは無職、貯金は底が見え始める。

一方その頃、ハルさんの両親が営む散髪屋に突然の訃報が入ります。

それは、うつ病だったお客さんが自殺した事。

「”自殺念慮”って言って、元気になりかけ(治りかけ)が一番危ないんだって。」

そう、うつ病は治ってなんかいなかったのです。

その話を知って、娘の旦那であるツレに対しての不安が募るハルさんの両親。

 

うつ男
うつ男
これがあるから精神疾患は油断できないんだよね。。。
うつ二郎
うつ二郎
うつ病じゃなくて、双極性障害の躁状態とかでも起こり得るよね。。。

 

ツレがうつ病になった意味

お客さんの死によって、うつ病を学び始めたハルさんの両親。

母親がハルさんに「うつ病は治りかけが危ないからね」と言う事を伝えるとハルさんは、

「私最近思うんだ。ツレがうつ病になった”原因”じゃなくて、うつ病になった”意味”は何か?って。」

それを聞いて娘の成長を喜ぶ母親。

 

その後、相変わらず売れない漫画家だったハルさんに仕事に転機が訪れる。

「ツレがうつになりまして、仕事を下さい!」

 

夫に頑張っている事を気付かせない様に頑張るハルさんが本当に健気です。

 

ハルさんの仕事の転機

実は今まで旦那のうつ病を恥ずかしくて隠していたハルさん。

隠さずに告げた事でハルさんの出版社の知り合いから新たな仕事を紹介をしてもらう事になります。

しかし、ツレの病気は相変わらず一進一退。

元々真面目な性格であるツレから、仕事に関する指摘をされ些細な事から喧嘩をします。

ハルさんから怒鳴られたツレは絶望し、衝動から自殺を考え風呂場で首を吊ります。

ところが、すんでのところで異変に気付いたハルさんは、なんとかツレの自殺を止める事が出来ました。

互いに攻撃的になってしまった事を猛省した事で、2人に大きな変化が起き始めます。

 

うつ男
うつ男
自分で言うのもなんだけど、確かに「俺ウザいだろうなぁ・・」って感じる事はしょっちゅうある。。。
うつ二郎
うつ二郎
ハルさんは頑張って支えてくれているし、ツレも自分なりにハルさんの為に頑張っているんだよね。。。つまり、どっちも悪くない。

 

書きたいモノを書く、そしてきっかけのスピーチ

ハルさんが新たな出版社での職場で「連載物はうまく書けないんです」と相談すると、相手の人から「作家さんが本当に書きたいモノを書けば良いんですよ」とアドバイスを受ける。

ツレも少しずつ調子が安定しはじめ、ある日結婚同窓会の誘いを受け、ツレ自らが参加を希望します。

道中で体調を崩しながらも、一歩でも前に進む為に気力を振り絞りなんとか参加にこぎつける。

結婚同窓会で話したスピーチは、ツレが話せなくなったらハルさんが支える、うつ病の辛い生活を語ったリアルで感動的なスピーチでした。

ハルさんは出版社で受けたアドバイスと、ツレと支えあいながら行ったスピーチをきっかけに、ツレのうつ病に関する漫画を描く事を決意します。

 

うつ男
うつ男
ツレが同窓会に参加する決心をしたのは、かなりの覚悟が必要だったと思う。
うつ二郎
うつ二郎
とても勇気のある人なんだね。

 

ツレの日記

ツレはハルさんの漫画を描く資料になれば・・と、自らのうつ病生活を綴った日記を手渡します。

その日記に書かれていたのは、ツレの裸の言葉。

病気の辛さや葛藤と、妻をはじめ自分を支えてくれた人達への純粋な感謝の気持ちでした。

ハルさんは、気持ちを込めてうつ病がテーマである漫画作りの制作に入ります。

うつ男
うつ男
因みに僕は書くのがおっくうすぎて、全く日記をつけた事が無い(汗)
うつ二郎
うつ二郎
とりあえず、ツレがうつ男よりもずっと真面目な事はわかった(笑)

 

物語の結末

ツレの病気は薬を飲まなくても良い状態(断薬)まで調子が上がり、ハルさんの夫への愛情と想いを乗せた漫画も遂に完成。

表紙に書かれていたタイトルは「ツレがうつになりまして。」

 

ツレは「外に働きに行けないのなら、自宅を仕事場にする」と言って、ハルさんの漫画をマネージメントする会社を設立。

大ヒットした漫画は多くの反響があり、反響の中にはうつ病であるツレに対しての講演依頼も含まれていました。

ツレは講演にチャレンジする事を決断しますが・・・結果は大盛況!!

 

ここで本記事序盤でも伝えた、ツレが講演会で教えてくれた「うつ病を乗り切る為の秘訣」が出てきます。

語呂合わせで「あ・と・で」

うつ病を乗り切る為の秘訣

あ→焦らない、焦らせない

と→特別扱いをしない

で→「できる事」と「できない事」を見分けよう

 

「あとでの意味」を忘れてしまった方は、本記事の序盤に戻って見返してみて下さい(^^)

 

うつ二郎
うつ二郎
素晴らしい語呂合わせだね!
うつ男
うつ男
グレイト!!

 

ツレは今後も宇宙風邪(うつ病)と付き合い続けるのかも知れない。

でも、どんな夜も明けない夜は無い。

例え、明けた空が曇りだとしても、夜よりはずっと、明るいのだから。

 

うつ二郎
うつ二郎
・・・なんて良い話なんだぁ・・・(泣)
うつ男
うつ男
・・うつ二郎、水差す様でスマン。
うつ二郎
うつ二郎
もう!感動してるのにどうしたの?
うつ男
うつ男
正直、幸せそうな2人を見て、結構ツレに嫉妬してしまっている僕がいる・・(汗)
うつ二郎
うつ二郎
・・・実はオイラも少しだけ・・・(小声)
うつ男
うつ男
じゃあ言えや(笑)でも僕だけじゃなくて良かった。。。
うつ二郎
うつ二郎
精神疾患は人と比較して嫉妬してしまう事も多いんだよね・・。
うつ男
うつ男
そうなんだ。・・こりゃ自分でも悲しいんだがな。。。でもツレとハルさんは幸せになってほしいともちゃんと思ってるからね・・・(汗)

 

まとめ

それではまとめます。

まとめ

□ツレがうつになりまして。は良い作品

□うつ病を学ぶにも、共感するにも良い映画です

□ただ、あなたの病状によっては、幸せな二人を見て嫉妬する可能性あり※運営者は結構嫉妬しました(汗)

□ツレとハルさんに幸あれ!!

・・・こんなところでしょうか。

 

尚、「ツレがうつになりまして。」はAmazonプライムビデオの会員になると無料で視聴する事ができます。(※2019.8.5現在)

Amazonプライムビデオの無料体験登録はこちら



以上、鬱病目線の「ツレがうつになりまして」、あとでの意味【ネタバレ有】でした。

☆SNSでシェアやぽちっとしてくれたら嬉しいです☆

SNSで記事のリンクを貼って拡散してもらったり、下のボタンをポチっと押してもらえるだけでサイト運営の後押しになります(*´▽`*)♪

良かったらご協力お願い致します(*^^)v

ランキングぽちっと
【にほんブログ村】現在10位
※10/3027サイト

にほんブログ村ランキング10位
【2019年8月20日現在】

【人気ブログランキング】現在4位
※4/211サイト

人気ブログランキング4位
【2019年8月20日現在】

 

サイト開設から僅か20日間で両方のランキングで10位以内に入る事ができました(*´▽`*)☆

皆様、いつも応援の後押しありがとうございます!!m(__)m

 

☆ぽちっと応援お願いします☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
☆ぽちっと応援お願いします☆

※「日本ブログ村」と「人気ブログランキング」は”1日1ぽち”で大丈夫です♫
リンク先のサイトに飛びますが、興味無い方はすぐ戻っちゃって下さい(*^^)b

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。